起業家 メンタリストを名乗る男 仙石琢磨もとい仙谷拓真の詐欺とサイコの歴史をたどる

意見箱 フォーラム 意見箱 起業家 メンタリストを名乗る男 仙石琢磨もとい仙谷拓真の詐欺とサイコの歴史をたどる

  • このトピックは空です。
5件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #8111 返信
      詐欺師抹殺委員会
      ゲスト

      実名:仙石拓真 (ペンネーム:仙石琢真で活動)
      という滋賀県出身の自称起業家を名乗る人物の詐欺報告をたくさんいただいているので、今回当サイトで数々の出来事を知っている限りお伝えしたいと思います。
      今回の記事をご参考にしていただき、もし仙石氏のコンサル受講をお考えの方は今一度ご検討しなおして頂けることをお祈りします。
      今までの仙石氏の情報商材販売の出来事から、現在代官山で事業活動されている「BeautifulSmokers」というシーシャカフェの現状など仙石拓真氏の悪行についてお話をまとめていきたいと思います。彼がどれほど詐欺師であるかはこの記事を見れば一目瞭然ですので、ぜひ判断のお役に立てれば幸いです。

      今回の記事で、仙石拓真氏から出る被害者が減ることをお祈りしております。

      ====
      仙石拓真は情報商材屋「コンサル費用は120万円~200万円」
      ====
      まず、仙石拓真とは何者なのか?というところから入りますが、彼は自称「侍メンタリスト」と名乗っています。
      https://ja.everybodywiki.com/%E4%BB%99%E7%9F%B3%E6%8B%93%E7%9C%9F
      上記のサイトに書かれているものを引用しますと

      実際、2016年から侍メンタリスト センゴクとしても活動し、心理学や脳科学を取り入れた独自のメソッドでコンサルティングやプロデュースも行っている。

      とあります。彼は心理学コンサルタント(主に動物占いなど)として名乗っており、過去に何度も個人コンサルと称して何百万もの高額商材を販売していたそうです。
      しかし実際には内容もなにもなかったり、サポートもなかったり、売りつけて何もしないという様な悪行を行っていたそうです。

      50人以上のチームメンバーがいると嘘をつきながら会社HPの画像素材もフリー素材を利用していたり、嘘で塗り固められています。

      2021年現在、仙石氏は既婚者のようで、奥さんと娘一人息子一人の計4人の家庭を持っています。(奥さんは「仙石智笑」という名前のようで、FaceBookを見る限りですとお寺関係?の家系かと推測できます)※下記画像は繋がりのある方をFacebook上から抽出しました。

      【写真添付】

      調べたところ、仙石氏の奥さんは保育士だと推測ができ、保育園のリストにも載っているので
      京丹後市の弥栄こども園に在籍?されている可能性がありますね。単身赴任で夫だけが東京にいるということのようですね。

      しかし、お子さんも奥さんもいらっしゃるのに、よくこんなにのうのうと詐欺行為を繰り返せるんですね。。。

      過去にはアパレル会社をやっていたということがネット上で確認できますが、実際は飾り社長だった?ようで、実質的経営者はほかにいるという情報もあるようです。(このことから既に嘘が混在しております。実際に数々のプロジェクトを立ち上げてきたというブランディングで騙された方も沢山いたそうで・・・)

      アパレル系ビジネスと同時期か定かではないですが、過去には元MLM企業の外部顧問もしていたようです。
      ネットワークビジネスの外部顧問経験がおありなようで、やっぱり実業家というより情報商材系のビジネス展開が多かったのでしょうか?

      ====
      シーシャカフェ「Beautiful Smokers」アパレル「Destined」を立ち上げ
      ====
      その後仙石氏は、2021年3月頃、代官山に3F建ての一棟ビル(賃料約90万円ほど)を借り、
      1Fをシーシャカフェ「Beautiful Smokers」
      シーシャ屋のinstagram
      2Fを古着系のセレクトショップ「Destined」
      二階の古着屋へのリンク
      の立ち上げに従事します。
      住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目25−1 代官山kumikoビル
      こちらも裏側の事情によると悲惨なことが起きていたようですので事実を取り上げていきたいと思います。

      目次

      ・出資者と契約書を結ばず逃亡
      ・クラウドファンディング支援金はたった「2万円」
      ・社員の給料が0円 / 社員との契約書もない
      ・謎の女に毎月100万円支払う
      ・内装費用が払えない
      ・2Fアパレル事業売上0円
      ・横領と詐欺の連続
      ・事業HP、動画制作代金を払わず逃亡
      ・元パートナー達と借用書を交わす
      ・借金2000万円ほどに登る
      ・救世主の事業パートナー現る!?

      順番にお書きしたいと思います。



    • #8137 返信
      ゲスト

      クソワロタ

    • #8161 返信
      詐欺撲滅委員会
      ゲスト

      =====
      出資者にも契約書を交わさないことを徹底
      =====
      出資者の方からお話を少し聞きました。(Bさんと表記)
      質問 「そもそもなぜ支払いをしたのですか?」
      Bさん 「元々シーシャカフェを共同でやろうというお話を2020年の冬から一緒に話を進めてきたのですが、基本は仙石氏が全てマーケティングをやるという意向で半分任せていた感じでした。契約書や事業プランなど、書類で頂いて出資するという流れが当然なのは分かっていましたが物件を既に2,3月には借りていて出資を先にねだられ、そこは信頼して支払いました。契約書はすぐに送るということも聞いていて、そこは順番が前後しても信頼してるし大丈夫かとも思っていましたが、お金を支払った後、一向に書類が届くこともなく、それでも仙石氏は「スタートアップはスピード命なので同時並行で先に進めていくので安心してください」とのことでした。
      一年半あまり疑うこともなかったのですが時間経過とともに仕事の遅さ、雑さなどが気になるようになり、結局口論になっていきました。
      そこから事態がどんどんひどくなっていき、仙石氏の仕事っぷりに疑問を持つようになり、当時シーシャカフェとは違う別の事業の売上(仙石氏の会社、Xy-zSTUDIO LLCに売上が入っていた)ももしかしたら使い倒して横領をしてるんではないのか?という疑念を持つようになり、ふたを開けると全て使い倒していました。」

      このように、出資者に対して契約書を結ぶこともせず、更には売り上げを横領してしまうという行為は決して許してはいけないと思います。
      更には、Bさんと仕事をしていた上で行っていた一つのプロジェクトである「クラウドファンディング」でお客さんから支援いただいたお金も900万円横領したことが判明、これはもう詐欺罪に当たると思います。

      Bさん以外にも、100万円が支払われなかったパートナーの方もいらっしゃったりで彫れば彫るほど仙石氏の仕事に対するなめきった態度が露呈されています。

    • #8325 返信
      シーシャ好き
      ゲスト

      詐欺師すぎるw

    • #8735 返信
      詐欺撲滅委員会
      ゲスト

      ======
      クラウドファンディングの支援金は2万円だった
      ======
      仙石氏は自身で、「クラウドファンディングの鬼」と自負しているほどでしたが、集まった金額は2万円でした(笑)

      ビジネスセンスがないとしかコメントができません。。。

      実店舗で代官山発のシーシャ屋で賃料90万円で大舞台で挑んだクラファンが2万円です。

      敗因は全てありまして、「SNS営業活動が雑、ほぼしていない」でした。

      クラウドファンディングをやるなら、実店舗内装段階の立ち上げからSNSを運用して期待や興味を持ってもらって、開発風景などもアップしていくことでコツコツ展開していくものですが仙石拓真氏は何も行っていなかったとのこと。仕事の遅さが露呈しており実業家としての実力は皆無だとわかりますね。

      ブランディングプロデューサーと名乗ってるのはどのあたりなんでしょうか?

      =====
      社員の給料が0円 / 社員との契約書もない
      =====
      当初、BeautifulSmokersのシーシャ現場監督としてヘッドハントされた重要な方がいらっしゃったようです。恵比寿駅にあるシーシャカフェのアルバイトを長年してきた方(ここではCさんと表記)がいました。
      Cさんは仙石とシーシャビジネスで共感しあい、一緒にB-Smoの立ち上げに協力。

      給料とインセンティブ契約で合意したのですが、一向に契約書が届かない。。。。
      さらには給料が10万円しか支払われず、しかもそれも期日からだいぶずれて振り込まれたりと仙石氏の仕事にいら立ちを覚えていったようです。

      最終的にはバイトやほかの社員と2021年7月頃ボイコットにをすることに・・・
      仙石氏の会社は後述しますが、色んな箇所に事業経費として無駄遣いをしていたことが発覚しており、社員に給料も支払うことができず、秘書として起用していた方への給料も5万円とかそんな感じだったようです。(てか皆さん、どうやって生活してたの。。。?)
      そのせいで携帯が止まった社員もいたようです。
      先ほどの出資者の方と同様に、社員の方も何も契約書を受け取ることもできなかったようで、仙石氏はビジネスマンでも何でもないサイコパスのような感じだなという印象ですね。

    • #9265 返信
      さくま
      ゲスト

      =====
      YINDIGO A M さんをメンターとして崇め、毎月100万円支払っていた!?
      =====
      BeautifulSmokersを語る上で外せない人物が一人います。
      通称「インディゴ」というロシア系?の日本人のようです。
      インスタアカウントはこちら
      https://www.instagram.com/yindigoam/
      この方は仙石氏のメンターのような存在のようで、仙石氏はこの方に毎月100万円をコンサルフィーとして支払うという契約書を結んでいたようです。
      そこは契約書を結ぶんかい!ということで突っ込みが入りそうですが、おそらくインディゴ氏の守りが固く、上手に仙石氏を扱っていたようですね。

      資金がショートしている状況下でもインディゴ氏には100万円をしっかりお支払いすることだけは怠らなかったそうです(のちに支払えなくなってるようですが)

      YINDIGO AM氏の仕事内容としては、店舗ブランディング、商品開発などが当たるようです。
      mangotreeカフェのプロデュースも行った実績があるとのことで、仙石氏がYINDIGO氏にお願いをして店舗コンサルに参画したようです。
      この時点で賃料90万円+コンサルフィー100万円が毎月ランニングコストでかかるのですが、カフェ経営をしてる方ならすぐわかると思いますが、どう考えてもカフェ経営で190万円のランコスがかかる時点で負け戦ですよね。。。しかも仕入れ、人件費などは別でまたかかります。

      仙石氏はいったいどういう経営方針だったのでしょうか?センスがなさすぎるというか、そもそも経営とかいう範囲ではないですよね。
      BeautifulSmokersは6月プレオープン、7月グランドオープンという計画だったようですが、メニューの看板すらできてない部分が7月時点でもありました。
      プレオープン始まる前に普通作っておくと思うのですが。。。ちなみにメニュー看板の担当はYINDIGO氏だったようで、仕事も雑な感じが伝わりますね。
      ぶっちゃけ、BeautifulSmokersが売り上げをあげなくてもYINDIGO氏には毎月100万円が送金されますので、どっちに転んでもよかったという温度感だったのではないでしょうか?

      =====
      内装費用1000万円以上を払わず逃げようとした
      =====
      仙石氏は普段から内装現場で過剰注文をしていたようです。その際、注文を受ける側もそんなにお金があるのか?という疑問があったみたいですが
      「お金は全然心配しなくていいです」と豪語していたようです。(おそらくその時期は自分の会社に入ってきた売り上げ=自分のお金だと勘違いしたい時期です。事実、ごちゃごちゃになっていて混同していたとの自白があったようです)

      1Fのシーシャカフェの内装費用は、追加発注が積み重なって700万円をゆうにOVERしたようです。
      さらには2F、3Fのアパレル、事務所の内装も追加発注が重なり370万円ほどにまで膨張
      合計でかかった内装代金だけでも1100万円以上にまで登っていたそうです。

      当然、仙石に支払い能力はなく、支払いが滞り、内装業者とのバトルも勃発してしまいます。
      なぜ彼は考えれば分かることを考える力がないんでしょうか?理解に苦しみますね・・・。

      結局、家族からお金を借りて支払ったとのことです。。。

      ======
      2F アパレル事業売上0円
      ======
      2021年3月頃に物件を契約したと前述しましたが、7月のグランドオープンまで何もしなかったのか?というとそうでもなく2Fの古着系アパレル事業を展開する計画があったようで、先に内装を2Fから頼んだそうです。(個人的には先に売上が立ちやすそうな1Fから始めろよって思うのですが。)
      2Fの内装は4月ごろには完成していたらしく、アパレル事業は本格的に動ける体制にはいたようです。

      実力があるとは到底言えない仙石拓真氏ですが、洋服はしっかり揃えられたのか?というと、実は知り合いの古着ショップを営む経営者がただで洋服をおろしてくれたそう。
      売上の50%の折半という条件で洋服を卸すことがまとまりましたが、結局売り上げは0円(厳密にいうと知り合いの購入が数点あっただけで一般顧客が0人)
      SNSのアカウント運用も初心者すぎる運用だったのと、そもそもSNSアカウントすら運用していなかった事態も判明しています。

      代官山という土地柄、一見さんがフラット洋服を見に来る場所でもないですしインターネットの運用は必須ですよね。普通。
      しかも2Fアパレルショップにはスタッフが一人もたっていないという状況で、たまたま通りすがりのおしゃれな学生さんなども、ここって営業されてるんですか?と聞かれる始末だったそうです。

      仙石氏が全てブランディング、マーケティングを担う形だったのですが何も行動をしないということで店舗は数か月0円でした。その後店舗は閉鎖に至ります。
      実業なら賃料がかかるわけですので完成した商材からさばいて賃料を少しでも浮かせる努力が必要なはずですが行動力は0だったようで作って満足してしまったという仙石氏特有のオチでしょうか?
      本当にそこまで悲惨な人っているの?と誰でも疑ってしまうとおもいますが、実際に内部でも目を疑っていた人が多数いたようです。なぜ焦って収益化の努力をしないのか?聞けば聞くほど理解が追い付きませんね。。。

      =====
      横領と詐欺の連続
      =====
      仙石氏は数々の横領を行っていることも発覚。
      こちらはどの程度まで暴露してもいいのか、、私も聞いたとき引くレベルでした。

      先ほどのBさんとの共同事業で売り上げたお金も横領していることはお話ししましたが、他にもコンサルフィーとして受け取ったお金も一切サポートも連絡もせず実質逃げたりもするレベルなので危ない人格があることは分かると思いますが、他にもクラウドファンディング詐欺も発覚。

      この辺りは当サイトで触れるかどうか迷いますので一旦保留にしておきたいと思います。(書き出せるネタがたくさんありますがそこまで当サイトは責任を負えないですのであくまで公開できる範囲の事実のみ今は掲載しますw)

      まぁ、出資者に契約書も送らなければ500万円もちにげしてるようなものですし、十分な詐欺的行為を図ってることはもう隠せない事実です。

      =======
      事業HP、動画制作代金を払わず逃亡
      =======
      仙石氏は各クライアントを怒らせる天才です。
      HPやメディア作成の受注を受けた会社があったのですが、そちらのHP制作代金を2サイトとも踏み倒してることが判明しました。
      まずはBさんと行っていた事業でメディア構築の依頼をかけたようで、その金額はなんと150万円ほどの見積もりだったそうです。
      結局会社がショートしてしまったから払えないということで完成していたメディア代金も払わずに逃亡しました。

      更には同時並行でBeautifulSmokersのHP制作代金も一切払わずに逃げています。
      そちらも50万円程度ほどの見積もりでした。

      更には動画制作者として関わっていた方(Dさんとしてます)も数々の動画制作、編集依頼を受けていたにもかかわらず結局最後は振り込みがこなかったみたいです。
      何十本という編集業務を依頼しておいてお金だけ振り込まないことを一貫している仙石拓真氏。
      全ての支払いを逃げる仙石氏はある意味カリスマのようです。

      =======
      元パートナー達と借用書を交わす
      =======
      Bさん以外にも、数百万円規模の借用書を仙石氏は捲いたようです。
      しかし結局、だれにも支払いをすることなく期限が切れました。

      おそらく、借用書を撒けばこいつらおとなしくなるんだろ?借用書なんて捲いてもどうせ大丈夫でしょ?
      という魂胆だったのでしょうか?聞けば聞くほど仙石拓真氏は恐ろしい詐欺師だったことが分かりますね。

      =======
      借金2000万円ほどに登る
      =======
      各方面で支払いしないといけない金額を考えると、色々積もり積もって返さないといけない金額はざっと1500~2000万円ほどではないのか?と推測されます。
      先ほど、YINDIGO AMと契約書を毎月100万円でまいているというお話をしたと思いますが、それも支払い能力がないらしく、もめているとの情報も聞きましたので一体いくらになるのか見当もつきません。

      親が立て替えるのか?仙石氏の家族(奥さん側)が立て替えるのか?それとも詐欺師として逃げるのか?はわかりません。
      一刻も早く事態が収拾に向かい、回復して皆さんが金銭面上で解決してもらえると嬉しいですね・・・これ以上被害者が出ませんように。

      =========
      賃料90万円のレンタルスペースに掲載して赤字
      =========
      とにかく仙石拓真氏はお気楽ノー天気なやつであることは間違いないのですが、面白いのはこれだけではありません。
      賃料90万の物件を借りておきながら、最後はインスタベースに掲載するという醜態をさらしていました。
      それがこちら↓

      https://www.instabase.jp/space/923204247

      賃料90万円の一棟ビルを全てレンタルスペースに貸しだしていたことがあります。
      まぢで、回収できても20万、30万円くらいじゃないですかね?案の定、赤字たらたら流して何がしたいのでしょうか?

      お金が無くて解約金も払うことができず挙句の果てにレンタルスペース。。。

      ちなみに、買い取ると言ってくれていた社長さんも実はいたようなんですが、それも断って自分のお城を守りたかったということも聞いてます、

      =======
      仙石拓真氏の現状
      =======
      現在も仙石拓真氏は代官山に住んでいるようです。Xy-zSTUDIO LLCの本社はこちらになっています。
      〒150-0021
      東京都渋谷区恵比寿西2-15-9 代官山フラット301

      ちなみにこちらは仙石氏の自宅なので自宅兼事務所となっています。(法人登記可能なのですかね?)

      以前、YouTubeも動画を投稿していましたのでチャンネルもこちらに貼っておきます。
      https://www.youtube.com/c/TAKUMASENGOKU/videos
      2021年10月頃「36歳大学生の一日ルーティン」という謎の動画を公開していたようですが削除されてます。

      実際お金がない、支払うこともできないのに、お昼は代官山の中華料理屋さんで土鍋ご飯を頼んだり、タクシーを使ったり、朝はスタバ活したり、ロフトで買い物をしている風景が動画内で公開されていた感じです。この動画を投稿して結局消して、何をしたかったのか?仙石拓真氏からお金が支払われない人たちは怒りがとまらないでしょうね。
      そもそもなのですがお金がないなら代官山に住まず、実家の滋賀県か、奥さんがいる京都の京丹後市に住めばいいのに、そうしないのはお金がないふりをしているのか?とも考えられますが、色んな方面で知り合いに「お金を貸してくれない?」と相談している情報があるので、おそらく本当にお金がないんでしょうね。お金がないならないで賃料90万円のビルを借りる思考に至るのか。これは本当に理解できません。

      画像にある、「秘書」というのも、実際は秘書でも何でもありません。

      給料も5万円だったり10万円だったり、そもそも支払われてなくて秘書の携帯が止まったり、秘書というより「恋人」で助け合ってる感じでしょう。
      家にも何度も行ってることからセフレなのか愛人なのか不倫相手なのか、いまいちわかりませんがその辺りでしょうか。

5件の返信スレッドを表示中
返信先: 起業家 メンタリストを名乗る男 仙石琢磨もとい仙谷拓真の詐欺とサイコの歴史をたどる
あなたの情報: